ore-no-web go

モンスターボールをなげろ

忙しいんでとりあえずノルマとして画像だけ貼っておきます

http://www.ace-sec.co.jp/daily/analyst/170905r_01.pdf

TV日記

●ジード 暴君怪獣タイラントはウルトラシリーズの中でもかなり好きな怪獣なんですが、ちょっと今回はふがいなかったですな。ゼロさんにフルボッコにされたあげく最期は光線技でやられてしまったのですが、命中箇所がよりによって腹だったので、「べムスター…

TVゲーム悲喜こもごも 8/31タイトル

最優秀賞を

まあ文句を言う筋合いのものでもない

こんなもんかな

久しぶりに来てみりゃアフィリエイト

ご協力お願いします(^^)

モンハンXXが絶好調らしい?

TV日記

●ジード えっそんな1週で復活しちゃうの。 ●キュウレンジャー 司令の中の人が楽しそうに演じてるなと思いました。 ●エグゼイド えっそんな1週で復活しちゃうの。 一年通してみて、序盤~デンジャラスゾンビ編がちょっと間延びした感があったものの、クロニク…

TVゲーム悲喜こもごも 8/24タイトル

本番は今日発売のアイツですが

もちろん変な顔で見られた

www.jp.playstation.com 普通の人「みんゴルのCM見て!梅沢富美男が出てる!!」 ワイ「うわあ!すげえ!アラン様だ!!」

またまたまた俺の中のミルコが出動する事態に

headlines.yahoo.co.jp せめて書いたやつは記名すべき

怖すぎて笑えない

www.afpbb.com コンセプトはわからんでもないけど、個人の再現度がちょっと雑になった結果ホラーっぽいコントみたいな感じに…。

TV日記

●ジード ギャラクトロンが普通のロボット兵器っぽい扱いなのがちょっと不満でした。 ●キュウレンジャー 今回多人数なだけに、普通の戦隊ではなかなか見られないチーム分割や一時離脱が結構多くて新鮮ですね。 ●エグゼイド ポッピー&パラド消滅か… ドライブ…

TVゲーム悲喜こもごも 8/17タイトル

trendy.nikkeibp.co.jp NOYASU注意

もちろんいろいろな意味で

toyokeizai.net toyokeizai.net なかなか興味深い記事ですね。

嘘だと言ってよバーニィ

本当に迷惑ですよね。横浜では、信じがたいんですが、なんとポケモンGOのプレイヤーによる野糞被害まで出ています… — nikq (@nikq) 2017年8月15日

ウルトラマン日記

連休に、割と新し目のウルトラマンをまとめて見ました。 その中から面白かったエピソードをいくつか紹介したいと思います。

TV日記

●ジード ものすごく唐突に出てきたなジードクロー…。 ●キュウレンジャー いろいろ工夫してるのはわかるんだけど、いざ12vs1の絵面を見るとやっぱり「人数クッソ多いな…」ってなります。 ●エグゼイド ヒーローもののお手本のような展開で安心感がありますね。…

またもや俺の中のミルコが叫んでいる

サマーバケーション

ある意味聖地巡礼。

紛らわしいにもほどがあると思う

ネコなのかワシなのかトラなのかドラゴンなのか

読むべきではなかった…

jp.gamesindustry.biz

TV日記

●ジード アーストロン!このシンプルなデザインがいいんですよね!角のついたゴジラとか言わない。 サメクジラはタロウの最終回に出てきた怪獣かな?すっかり萌えキャラになっちまって… ●キュウレンジャー 紆余曲折ありましたがようやく12人目の仲間(多いな…

TVゲーム悲喜こもごも 8/3タイトル

なんとなく

使えないライターは

捨てるしかないですね。

毎年この時期は不安と期待が入り混じる

www.oricon.co.jp Wとキカイダーの中間みたいなこのデザイン、 正直言ってエグゼイドやゴーストよりはいわゆる普通の仮面ライダーぽいのですが、カブトも「お?今回はカッコいいデザインやん!」と思わせてのまさかの料理対決ライダーだったんで…。(言うほ…

現代パラパラマンガ事情

ちょっと調べただけでも結構種類があるんですね。

TV日記

●ジード エレキング!やっぱ知ってる怪獣が出てくるとテンションあがります。 セブンのときみたいに惨殺はされなかったですね(今回の流れであの倒し方はできないか)。 ●キュウレンジャー なんか伏線めいたものが貼られだしましたね。 フクショーグンが3人…

予想を上回ってくるさすがの国民的シリーズ

大胆予測!ドラクエ11はどのくらい売れるのか? - ore-no-web go 今年の四月、上の記事のように予想したのですが…

TVゲーム悲喜こもごも 7/27タイトル

生音より生ビールが恋しい。

高装着率タイトルの光と闇を抱きしめたまま

捨てきれない夢を追いかけて。