読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ore-no-web go

モンスターボールをなげろ

キン肉マン「完璧超人始祖編」俺のベストバウト


スポンサードリンク

d.hatena.ne.jp

 

僕も個人的なベスト5を挙げたいと思います。ネタバレもするよ。

 

5位:ステカセキングvsターボメン

これは本シリーズ前半の白眉。「完璧超人に悪魔超人(しかもステカセキング)が勝てるわけねえだろ!」という認識を完全に裏切るまさかの猛攻でした。

惜しくも敗れはしたものの、「七人の悪魔超人編」に続いて再びステカセキングが「悪魔超人恐るべし!」との認識を読者に植えつけた試合です。

 

4位:アシュラマンvsジャスティスマン

世にいう「天上兄弟喧嘩」を裁いた神であり、シルエットがそっくりということで「悪魔六騎士編」ではモンゴルマンキン肉マンと悪魔将軍の試合をレフェリーとして裁いたのはご存知と思いますが、その本人がジャスティスマンとしてまさかの登場です。シルエットはずいぶん変わっちゃったけど…

f:id:orenowebgo:20170517181838j:plain

ラーメンマンと何かの関連が!と思わせておいての

f:id:orenowebgo:20170517181917j:plain

ええ~っ

正直言って、この時点でかなりの肩透かしを食ったことは否めませんでしたが、このジャスティスマンのとんでもない強さは打・投・極の全てにおいて文字通り完璧。悪魔超人の仲でも名うての強豪アシュラマンですら、みるみるうちに追い詰められていったのです。

とはいえ、読者もアシュラマンの腕が失われていくのは想定済み。だって彼にはこちらも文字通りの奥の手があることはわかっているのですから。

f:id:orenowebgo:20170517182357j:plain

まさに期待を裏切らない展開

普通ならここで、散っていった悪魔超人の想いをのせてアシュラマンが逆転勝利!となるところですが…。

f:id:orenowebgo:20170517182717j:plain

これぞ予想を覆す結末

まさかの再逆転ジャスティスマンが文字通りアシュラマンを粉砕。本シリーズのゆで先生は、本当に期待を裏切らず予想は覆す一流のストーリーテラーでした。

 

3位:シルバーマンvsサイコマン

少年漫画という体裁をとっている以上、組み合わせが判明した時点で概ね物語の着地点は読者にもわかってしまうもの…。往々にしてキン肉マン戦よりも脇役同士の戦いの方が盛り上がってしまうのは致し方ないところ。

その中で、この試合はそもそもシルバーマンの登場自体が予想を上回る展開であったうえ、サイコマンという強キャラ(その底知れない強さと怪しすぎる言動から、この試合まではこいつが裏で超人閻魔を操っている黒幕では?という見方すらあった)との戦いとあって、もうまったく試合結果の予想がつかなかったのです。

試合の結末でもそれぞれの立場の変化と対比が見事になされていました。名試合と言うほかありません。

 

2位:ウォーズマンvsポーラマン

ウォーズマンバッファローマン戦以降、特に不遇な超人だったといえるのではないでしょうか?

・体内をリングにされる

・アワワ…

・ござ~い

・ウギャアキン肉マーン

・二世でのマンモスの裏切り&ウメーウメー

 本シリーズにおいても、試合直前に師匠であるロビンマスクが(明らかに本シリーズにおいて最終的にキン肉マンと戦うであろう)ネメシスに敗れたこと、対戦相手のポーラーマンがどうもネメシスとタッグを組むんじゃないかと見られていた(ツープラトン攻撃を見せていた)こともあり、正直「これ今回もやばいんじゃ…」と思われていたことは否定できません。

実際ポーラマンはかなりの強敵で、ベアークローもろくに効かない強固な肉体とバッファローマン以上かとも思われるパワーを併せ持ち、そのうえ完璧超人らしくメンタルも強固で油断とか絶対しなさそうな感じだったのです。

ところがどうしてどうして。ウォーズマンはこの試合で一皮も二皮も剥けることに成功しました。

まず対マンモスマン戦の特訓の成果を出したことを皮切りに

f:id:orenowebgo:20170517183802j:plain

あれほどコンプレックスを抱えていた素顔をさらされても動揺することなく

f:id:orenowebgo:20170517183854j:plain

必殺技パロ・スペシャルでポーラマンの全身をずたずたにしての勝利。

f:id:orenowebgo:20170517183925j:plain

ファイティング・コンピュータという異名にふさわしい強キャラ感をまとい、まさに完全復活といってもいいのでは。次回シリーズでも活躍させてください、ゆで先生!!

 

1位:ディアボロス(バッファローマン&スプリングマン)vsジョン・ドゥーズ(ターボメン&グリムリパー)

本シリーズでは、正義超人以上に悪魔超人の仲の良さが目立っていたのですが、特にスプリングマンとステカセキングの友情は特筆すべきと言えましょう。

f:id:orenowebgo:20170517174205j:plain

スプリングマンの新技特訓時に見守るステカセ。ネットではお前は明子ねーちゃんかとツッコまれまくった 

そのステカセキングを葬ったターボメンとの直接対決。プロレス興業のお手本的な試合前の因縁です。しかもバッファローマンとのタッグはキン肉マンモンゴルマン戦でも見せた名コンビ。我々読者はもう試合前から盛り上がっておりました。

f:id:orenowebgo:20170517174646j:plain

リアルで「出たァ~!」と叫んだ人もいたはずのスプリングバズーカ

強敵ジョン・ドゥーズ相手に一進一退の攻防を繰り広げ、僕の学生時代の先輩なんかあまりの熱中ぶりに「今から俺が8人目の悪魔超人として鳥取砂丘に助太刀しに行く!」狂ったコメントを残しましたが、決め手となったのはなんとまさかのロングホーントレイン。

f:id:orenowebgo:20170517175059j:plain

セリフもなんもかんもカッコよすぎるだろ

ターボメンの攻撃によって致命傷を受け体が崩れていく中で、4連続でターボメンを轢きまくり、ついにステカセの仇を取ったのでした。

バッファローマンに後を託して力尽きる姿は、本シリーズでも一番の泣き所。是非単行本でお確かめください。